発表会の当日準備・・・

皆さま こんにちは。

ホールスタッフKです。

 

先日、「バイオリンとチェロの発表会」で

使っていただいた様子を振り返って——-

 

当ホールにもグランドピアノはありますが

この度は、主催者様で搬入されるということで

その様子を見守りました。

 

業者さん3人が、養生ふとんやマット・台車を

上手く使いつつ、ピアノの本体をステージに滑らせ、

息を合わせて立ち上げ (見ているほうも、思わず力が・・・)

そして梱包をとき脚を取り付ける。

脚をステージに着地させ、ペダルもつけて設営完了。

 

その作業約30分。

大重量のピアノをどのように設営するのか

興味深々だったのですが、手際よく

かつ慎重に進められました。

その後、調律も終え万端整いました。

 

ピアノ搬入している間もそれぞれ、イスの設営・音響と照明の準備

カメラマンさんの準備、受付など

 

ハレの舞台で、気持ちよく演奏していただくため裏方さんたちは

頑張っています。

私たちホールスタッフも、そのお手伝いをさせていただきますので

なんなりと、ご相談ください。

税務相談・申告の場として

皆さま、こんにちは。

先日、当ホールには、とても大勢の方が来場されました。毎年この時期、豊能税務署と豊中市で税務相談・申告の会場としてホールを使用いただいているのです。

開催期間は6日間で、初日は開場前から大勢の方がホールへと上がるエスカレーター前に集まられ、運転開始時間を前倒しにして対応。ロビーは開場を待つ納税者の方々で熱気を帯びています。

皆さま手に手に、書類などの入った封筒を持っておられて、上気した顔つきの方もおられます。

どうかスムースな進行で運営されますようにと、見ている私たちは緊張感でいっぱいです。

定刻少し前に始まりますと、税務署スタッフや豊中市の担当者が整理券の順に手際よく案内されておられました。

それでも、長時間待つこともあるようです。無事相談・申告を終えて、帰って行かれる皆さまの顔はほっとされているように見えました。

また来年もこの時期、税務相談・申告でホールをご使用いただくこととなるでしょう。新たな顔ぶれでご対応されることになるのかどうか、騒然とするロビーもこれはこれで、この時期の風物詩と捉え、また皆さまとお目にかかれる日が来るのを楽しみにしております。

 

※当ホールの床面積は、ステージを撤去しますと約270㎡あります。この床面積を最大限に、自由なレイアウトでお使いいただくことができます。各種展示会、趣味の会など、発表の場としてぜひ当ホールをご検討ください(ステージ撤去には142,560円かかります)。